考え

案件動画がyoutuberのテレビタレント化に拍車をかけ、YouTubeはテレビ化するだろう

ユーチューバーがテレビタレント化していることは知っていますか?

これは○○キンがテレビに出るようになったとかそういうことではない。

つまらなくなったということを言いたいのです。

テレビが面白くない、攻めてない、視聴者のことを考えてない、企業側に側によりすぎているといったことから、YouTubeを見るようなった。

しかし、今のYouTuberがやっていることはテレビと同じ状態である。

その状態になっていることの原因を話していきたい。

案件動画によるYouTuberのテレビタレント化

ユーチューバーがタレント化している原因の一つである。

案件動画というのは、企業側からYouTuberに依頼されて作られる動画のことである。

その案件動画がテレビ化に拍車をかけている。

なぜなら、依頼された側のyoutuberは、その商品・サービスを悪く言えないからである。

テレビショッピングで扱う商品の悪口を言えないと同じで、正直な感想言えない。

このことでリスナーとの距離が近いという利点がつかえなくなる。

 リスナーとの距離の近さを利用できなくなる

YouTuberが流行った背景として、演者がリスナーとの距離が近いことが挙げられる。

しかし、その利点は案件動画によって破壊される。

良くもない商品を嘘をついて紹介している人と距離が近いと思う人はいない。

「あの人は良くない商品を紹介する人」とレッテルを張られる。

信頼できないと言われる。

そこらへんの台本通りに話しているテレビタレントと同じ扱い。

一時的なお金儲けのために案件動画をつくることは、タブーとされる時代がくるだろう。

専門性があるチャンネルは生き残る

ここからはスキルの違いになるが、案件動画を案件とも思わせないような動画をつくる人もいる。

そのような人は生き残るだろう。

しかし、くだらないスマホアプリが紹介しているぐらいでは、確実に生き残らない。

重要なのは、YouTuberの専門性だと考えられる。

なんでも日常のことを動画にするのではなく、自分が知識がある、得意な分野の動画をつくることだ。

なにかの専門性をもっているチャンネルは、その専門性に関する案件も多くなる。

さらに、他の商品との比較もできる。

このような専門特化系のチャンネルは生き残るだろう。

YouTuberもインスタグラマーも距離が遠くなったら、離れていく可能性がある

2018年はYouTuberやインスタグラマーが、生配信しながら、商品紹介をしていくということが流行ると言われている。

これは中国で流行っているから、日本でも流行るという予測ですが…

そこで案件の商品を紹介することになるだろう。

2018年はまだ大丈夫だと思うが、絶対にこのような時代が来ることを知っておいてほしい。

リスナーとの距離が遠くなり、信頼されなくなったら、YouTuberとして終わるのは当たり前。

さらに顔出しでやっている場合は、他のSNSで、お金を稼ごうと思ったときでさえ。支障がでる。

案件は信頼を削って、お金をもらうという行為だ。

まとめ:YouTuberの案件動画は、身を亡ぼす可能性がある

まとめ

  • 案件動画は信頼を削って、お金をもらう
  • テレビ化したYouTubeは見る人がいない

あくまでも予想ですが、良くない商品を紹介するYouTuberはいなくなります。

以上さぎのみや(@gumimomoko)でした。今日もあなたの毒を抜きました。少しは体が軽くなりましたか?

ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
ゲーム開発を手助けるメディア【ユニシャー】を運営しているさぎのみやの個人ブログです。自分の考えや役にたったことを書いております。自分の芯がある人が好きです。→Amazonほしいものリスト
ゲーム開発を手助けるメディア「Unishar-ユニシャー」
  • Unityを勉強したい
  • とりあえずUnityを使ってゲームを作りたい

このような悩みを解決してくれる、アクセス急上昇中のUnityメディア「Unishar-ユニシャー」

Unityでのゲーム開発に役立つことばかりです。

Unity専門メディア「Unishar-ユニシャー」→