リライト(記事修正)多めにより、更新頻度が落ちます

忘れたー!Wiiのサンセーバー(赤外線のやつ)が無い時の代用はリモコン?

あーーわすれたーーーー

Wiiできないーーー

というのが今の感情でしょう。

この記事通りにやってくれれば大丈夫。

  • Wiiの赤外線のやつがない!
  • サンセーバーがない! 

 

という人に参考になりますでしょう。

Wiiのサンセーバーがない場合の対処法

今近くにあるテレビ・ビデオのリモコンを使うんだーーー

ロウソクの火など危ない。赤外線が出るリモコン推奨派です。

具体的なリモコンを使った方法

  1. Wiiを立ち上げる
  2. テレビ・ビデオのリモコンを用意する
  3. Wiiリモコンを用意する
  4. 暗いところを用意する
  5. 暗いところでWiiリモコンとテレビリモコンを10cmぐらい離して向かい合わせる
  6. ひたすらテレビリモコンを押して赤外線出しまくる
  7. ダメだったら離す距離を変える
  8. 立ち上げ画面に矢印がでてくる
  9. ガンバって目的のゲームまでたどり着く

簡単にまとめると

暗いところでリモコン同士を向かい合わせて赤外線を出して頑張る

だけです。

いろいろ検証した結果リモコンが一番やりやすいです。早くゲームしたいなら根気よく頑張るのじゃ!

リモコンの赤外線を使って代用

こんな感じ。

ロウソク・ライターの火は気を付ける

ライターの火という選択肢もありますがモモコはできなかったです。挑戦して見るのもいいかもしれません。

ただ

注意
  • ライターの火でやけど
  • Wiiリモコンを火に近づけすぎて溶ける

ことには是非気をつけてください。

体験談

ゲーム起動おめでとうございます!どうぞゲームで遊んでください。

ここからはゲームの合間などに読んでほしいなてへっ。

悲劇は高校の夏休みに起きた。

友達三人でWiiでスマブラをやろうということがあったのじゃ。

そこでWiiを持っているうちでは諸事情により遊べないのでWiiを持っていって友達と遊ぶことになった…

 

今回の持ち物はモモコがWiiリモコン担当で友達の一人がWii本体関連をもってくる担当だった。

だが当日、友達はWii本体をもって来たのだが赤外線のやつを忘れてしまったのだ。

おわたwww

なんて最初思いました。だって赤外線のやつの代わりなんてあると思いませんでしたから。

そこでグーグル先生を使い、

Wii赤外線のやつ ない

Wii 赤外線 代用

サンセーバーっていう名前もそのとき知りました。みんなも知らなかったよね。

身近なものの名前って意外に知らないよね。例えば食パンの袋を止めるやつとか。あれバッグ・クロージャーっていうのとか、知らないよね。

話がずれましたがとりあえず、サンセーバーの代用でライターの火というものがでてきました。

早速ライターで挑戦…

でも熱いだけじゃーーーーーー

 

この記事を読んでいる年齢が何歳かわからないが、気をつけてくださいね。

とりあえず赤外線のでる奴に反応するということが分かった。

テレビリモコンでも行けるんじゃね?という考えになりました。

モモコWiiリモコン担当
友達テレビリモコン連打担当

やってみたらなんか途切れ途切れ矢印が出ることに気がついた…

これはもしかしたらワンチャンあると三人で思い何度も何度も繰り返しました。

格闘すること30分…

あと30cm右に行けば、はじめるボタンを押すことが出来る。

三人は無言になり少しづつ右に右に動かして…

押すことが出来ましたわーーーーーーーーーーい

多分この半年ぐらいで一番嬉しかったです。なんかスマブラで勝つより嬉しかったです(笑)

起動できたら後はゲームキューブコントローラーでなんとかなりました。

こんなことが高校生の夏休みにありました。

ただの体験談なんて思わないでください。

モモコはこのサンセーバーがない状況でサンセーバーをもってこなかった人を責めないで、楽しんでほしいのです

 

モモコは現在大学生なんですが大学生にもなると、高校生・中学生・小学生のときの友達あまり遊べなくなります。

なので今を楽しむということを忘れないでね。

最近本当に思います。綺麗事とかじゃないよマジマジ。

サンセーバーがなくてこの記事にたどり着いたことも何かの縁です。是非今を楽しんでくださいね。

年寄りが言っているのではなく大学生が言っているので少しは信じてほしいです。

まとめ:Wiiサンセーバーは代用できる

  • テレビリモコンをサンセーバーの代用に!
  • 暗いところでリモコン同士を向かい合わせて赤外線を出して頑張る
  • 今を楽しもうね!

焦らないで何度も挑戦してね。今日もあなたの毒を抜きました。以上モモコグミ(@gumimomoko)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA