リライト(記事修正)多めにより、更新頻度が落ちます

【urllib】たった5行!pythonを使ってWebサイトから、画像をダウンロードする具体的な方法

python

pythonを使って、画像をダウンロードしたい

プログラミング言語【python】を使って、画像をダウンロードする方法です。

  • Pythonを使って、Webサイトから画像をダウンロードできるようになる

スポンサーリンク

実行環境

  • Windows10
  • Python3.6.3
  • jupyter notebook利用(コマンドラインでも可、もちろん統合開発環境でも可)

pythonでWebサイトから画像をダウンロード

python

今回はPycharmProjectフォルダに画像をダウンロードしていきます。Untitled.ipynbという緑色のところが、現在開いているファイルです。

pythonコード
#①--import--
import urllib.request 

#②--url設定--
url = "https://momokogumi.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_9788.jpg"

#③--保存名--
savename = "momokogumi.png"

#④--ダウンロード--
urllib.request.urlretrieve(url, savename)

#⑤--確認--
print("保存したけどなんか質問ある?")

上のコードを実行してみてください。

Python

こうなっていれば実行成功です。

もし心配な方はその画像を開いてみてください。

モモコグミ

この吹き出しと同じ画像だったら成功だわ

コードの説明

①urllib.request

①は【urllib.request】というモジュールをインストールしています。URLを取得するためのモジュールだわ。

②はURL設定

②はどのURLを取得するのか、決めているね。もし、存在しないURLを入れてしまうと404エラーが出てしまうよ。

コード
HTTP Error 404: Not Found

③保存名

今回は【momokogumi.png】という名前で保存したよ。もちろん、他の名前でも保存できるわ。

コード
import urllib.request
url = "https://momokogumi.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_9788.jpg"
savename = "aaaaaaaaaaaaaa.png"

urllib.request.urlretrieve(url, savename)
print("保存したけどなんか質問ある?")

【aaaaaaaaaaaaaa.png】で保存されたわね。

④urllib.request.urlretrieve(url, savename)でダウンロード

urlretrieveというのはurllib.requestにある関数だわ。

ももてん

よくわかんなぁい

別に大丈夫よ。【url】の部分で、②で設定したurlがダウンロードされます。そのダウンロード名は③で設定した保存名になるってことだわ。

⑤確認

最悪、なくても大丈夫なやつだわ。ただ、実行に成功したときに、ちゃんと成功したのか確認するために書いているの。

まとめ:pythonを使えば簡単に画像をダウンロードできる

pythonコード
import urllib.request 

url = "https://momokogumi.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_9788.jpg"
savename = "momokogumi.png"

urllib.request.urlretrieve(url, savename)
print("保存したけどなんか質問ある?")

まだまだ初心者ですが、これからもPythonで楽しんでいきます。

以上モモコグミ(@gumimomoko)でした。今日もあなたの毒を抜きました。あしたは今日の√3倍の元気が出ますように祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA