<必見>WordPress有料テーマのSTORK(ストーク)は銀行振込・コンビニでも支払いできるよ。

STORK

WordPressテーマの【STORK(ストーク)】がほしいけど、クレジットカードがない!

なんて思ったことありませんか?

今回はストークを銀行振込やコンビニ決済で払う方法を具体的に表しています。

  • WordPressテーマのSTORK(ストーク)をクレジットカード以外の方法で購入することができる!

この記事で念願のSTORK(ストーク)を手に入れることができます

スポンサーリンク

STORK(ストーク)はDLマーケットで購入

ここから様々な決済方法で購入できます。

「ストーク」WordPressテーマ

クレジットカードもっていない問題

オープンゲージの公式サイトでストーク購入しようとすると…

クレジットカードでしか購入できなーあぁl

なんてことが起こります。
モモコも困りました。

クレジットカードもってないぃぃ!

目の前にニンジンがぶら下がっている状態ですよ。あの綺麗なデザインを手に入れられないんです。

そこで見つけたのはDLマーケットです。☝のリンクですね。

モモコはそこからストークをダウンロードしました。

そもそもSTORK(ストーク)使ってなくない?

ふふふっ。

もう一つのサイトで使っているのじゃ!

参考

ホーム未成年には仮想なの?未成年からの仮想通貨

ボンっ!

これDLマーケットから購入しました。

追記 2017年12月29日

ストークからSANGOにかえました。

本当にDLマーケットからダウンロードしたの?

ほんと。これはDLマーケットの購入履歴の画像です。

DLマーケットは信用できる

会社の場所はどこにあるのか、メールアドレスはフリーのアドレスじゃないかなど色々調べましたが何よりの証拠がありました。

参考

アフィリエイトプログラムについてOPENCAGE

見てもらったらわかるんですが、ストークの運営側が販売委託していますね。

DLマーケットが詐欺だった場合はストークの運営側は信頼を失います。

DLマーケットで購入できなくなる日は近い

参考

アフィリエイトプログラムについてOPENCAGE

この記事によるとDLマーケットで購入できなくなる日が近いかもしれません。

STORK(ストーク)使いたい方は是非!

「ストーク」WordPressテーマ

まとめ:DLマーケットを使う

  • STORK(ストーク)は銀行振込でもコンビニ決済でも購入できる
  • 今のところはね

STORK(ストーク)は綺麗なデザインだよね。是非使って見てはいかがでしょうか?

以上さぎのみや(@gumimomoko)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA