グラフ・分析

【R】Rに入っているデータで簡単にヒストグラムと箱ひげ図を作る【初心者編】

ヒストグラム

とりあえずなんかグラフを書いてみたい

その願望を叶えます。

Rにもともと入っているデータで、ヒストグラムと箱ひげ図を作っていきます。

データをが外部からダウンロードする必要はありません。

とても簡単なので、実行してみてください。

もしエラーがおきたらteratailで質問してみてください。エンジニアさんやプログラマーさんが教えてくれますよ。

今回の目的

Rにもともと入っている「ToothGrowth」を使って、棒グラフを書く。あくまでもグラフを書くのが、目的。

「ToothGrowth」はサプリメント別によるモルモットの歯の長さをデータです。

サプリメントによって、歯の成長具合は変わるのかしらってことですわ。

実行環境

  • Rstudio
  • Windows(Macでも可)

ToothGrowthデータの読み込み

Rにもともと入っているので、こんな感じで読み込むことができます。

今回は、toothという変数に「ToothGrowth」のデータを入れます。(コンソールでもファイルでの実行でもいいです)

ToothGrowthの読み込み

tooth <- ToothGrowth

データの中身を見てみましょう

データを見てみる

View(tooth)
head(tooth)
tail(tooth)

どれを実行しても、データを見ることが出来ます。

▼head()を実行してみた結果です▼

Toothgrow

今回はあくまでもグラフを作ることだけが目的なので、データは気にしないでください。

ここは気になる人だけ、見てください。

データ名説明
lenモルモットの歯の長さ
suppビタミンCの種類。オレンジジュース(OJ)か アスコルビン酸(VC)
doseビタミンCの与えた量

ヒストグラムを作ってみる

データの確認ができました。それでは、ヒストグラムを作っていきます。

lenを横軸にします。

ヒストグラム

hist(tooth$len)

 

ヒストグラム

この結果が出来ていることでしょう。

hist()ヒストグラム
tooth$len toothデータの中のlenの部分を取りだす

他にも、このようにしてヒストグラムを作ることができます。

ヒストグラム

hist(tooth[,1])

 

tooth[ , 1]データの一列目(len)を取りだしている

これはtooth[ , 2]でデータの2列目を取り出している。

ここからは、ヒストグラムに少しずつ変化を加えていきます

題名を変える

とりあえずヒストグラムを作ることができました。でも、なんかもの足りません。

図に題名をつけていけます。

題名をつける

hist(tooth$len, main = “Toothgrowth”)

 

main = ” 〇〇〇 “題名を変えることができる

右上の「Histogram of tooth$len」 → 「Toothgrowth」になりました。

日本でも大丈夫です。

縦軸・横軸の名前を変える

現在、縦軸は「Frequency」横軸は「tooth$len」となっています。そこで、軸名を変えていきます。

軸名変更

hist(tooth$len,main = “Toothgrowth”, xlab = “length”, ylab = “volume”)

xlab = “〇〇〇”横軸(x軸)の名前を変更
ylab = “〇〇〇”縦軸(y軸)の名前を変更

グラフの色を変更

なんか白黒でもの足りないので、色を変えます。

使える色を表示

colors()

これで使える色を表示することができます。大量に表示されます。

色変更

hist(tooth$len,main = “Toothgrowth”, xlab = “length”, ylab = “volume”, col = “tomato”)

なんか面白そうなので、「tomato」にします。自分の好きな色にしてね。

colors()使える色を表示
col = “〇〇〇”グラフの色を変えられる
ヒストグラム

ちなみにうちは、こんな色になりました。tomatoってこんな色してるのね。

箱ひげ図を作ってみる

同じデータを用いて、箱ひげ図を作っていきます。ヒストグラムのときと、大まかな形は似ています。

箱ひげ図

boxplot(tooth$len)

箱ひげ図
boxplot()箱ひげ図をつくる

題名を変える

こちらも題名を変更することができます。 

題名変更

boxplot(tooth$len,main=”hakohige”)

名前は「hakohige」になります。

main = ” 〇〇〇 “題名を変えることができる

そうえば、日本語でも大丈夫ですよ。

箱ひげ図

軸名を変える

意味があるのかないのか置いておいて、軸名を変えることができます。

軸名変更

boxplot(tooth$len,main=”hakohige”,xlab = “length”, ylab = “volume”)

変わりましたね。

xlab = “〇〇〇”横軸(x軸)の名前を変更
ylab = “〇〇〇”縦軸(y軸)の名前を変更

色を変える

箱ひげ図の色を変えてみます。

使える色を表示

colors()

色変更

boxplot(tooth$len,main=”hakohige”,col = “thistle”)

colors()使える色を表示
col = “〇〇〇”グラフの色を変えられる

thistleはアザミっていう花らしいです。

箱ひげ図

なんとも言えない色。

ある程度の型は同じ

ヒストグラムと箱ひげ図を作っていただきましたが、なんとなく同じ型で作れることがわかります。

棒グラフ・円グラフ・散布図などにも使えます。

まとめ:簡単にグラフがつくれる

まとめ

  • ヒストグラムも箱ひげ図も簡単に作れる
  • Rに入っているデータは勉強に最適
  • どのグラフもある程度の型は同じ

ゼロから始めるR言語に戻る

R言語
【随時更新】ゼロから始めるR言語【2018/3/30日更新】RとRStudioのインストールからグラフ・図・分析、テキストマイニング、スクレイピングなどをやっていきます。ネットでRを勉強したい人は是非ご覧ください。...
¥3,478
(2018/10/19 03:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

データサイエンティストになりたいなら

  • データサイエンティストになりたいけど、漠然とRの勉強をしている

もしそうならば、戦略的に勉強しましょう。戦略的に勉強しなければデータサイエンティストになるのは夢のままになってしまう可能性があります。

データサイエンティストになるためのおすすめの勉強方法・講座を3つご紹介します。

①通勤講座でデータサイエンティストの講座を受ける

  • ビジネスにデータを活用したいが方法が分からない。
  • ビックデータをどう扱えばよいか分からない。
  • データサイエンティストになりたいが、どうすればいいのか分からない。

このような場合、データサイエンティスト基礎講座 を受けてるのはどうでしょうか。動画によって、上のような悩みを解決してくれます。

まずデータサイエンティスト の基礎を学んでみて、ビジネススキルが足りなかったらUdemy で勉強するのが良いです。

いまなら10%クーポンもありますし、無料の動画もあります。今行動しないと一生やりませんので、もう少し下を見てからで良いのでご覧ください。

▼まずデータサイエンティストの基礎を学ぶ▼

データサイエンティストの基礎を学ぶ>>

②Udemyのデータサイエンティスト講座を受ける  

「Udemy」も動画で学ぶタイプの講座です。データサイエンティストになるための講座がそこそこあります。

通勤講座とちがうのが安さです。どちらも内容の質が良いことは間違えないのですが、Udenyは安めです。

「自分この部分の知識がないな」と思ったときの補強でも使えますね。一度講座をとって気に入らなかったら、全額返金できます。

▼データサイエンティストの基礎を学んだり、知識の補強をする▼

 Udemyのデータサイエンティスト講座を受ける>>

③データサイエンティスト育成スクールにいく

本気でデータサイエンティストになりたいなら、このスクールに行くのがおすすめです。

データサイエンティストに必要な知識は膨大です。統計学、機械学習、人工知能、データベース、プログラミング、ビジネススキルなどなど。

その知識をデータサイエンティストとしての経験がある先生たちが、オフラインで教えてくれます。

動画です。ご覧ください。

どうですか、めっちゃ良いですよね。ここは他の講座と違うなと思った部分があるのですが、転職支援もしてくれます。

さらに

データサイエンティスト全コースを一括で申し込んでいただいた方のみ、
ブートキャンプ終了時にご満足いただけない場合は受講料を全額返金します。

返金保障もあります。

もしまだ心配な方は説明会もありますので、いって見てください。

  • 未経験からデータサイエンティスト目指せる(Rを触っているあなたならもっと安心)
  • 返金保障あり
  • データサイエンティストに必要な知識を学べる
  • オフライン
  • データサイエンティスト経験がある先生に質問ができる
  • 転職支援あり

もう一度言います。本気でデータサイエンティストを目指すならおすすめです。

▼データサイエンティストになる▼

未経験からデータサイエンティストになる>> 

どれにしますか

①と②の場合はまず基礎を学んで、足りないところを補充して転職という感じです。③は転職支援もあるので安心です。

思いたったときに行動しなければ意味がありません。将来的にデータサイエンティストになりたいなら今すぐ行動しましょう。

データサイエンティストの基礎を学ぶ
通勤講座のデータサイエンティストの講座を受ける  

データサイエンティストの基礎を学んだり、知識の補強をする
Udemyのデータサイエンティスト講座を受ける  

本気でデータサイエンティストを目指す
データサイエンティスト育成スクールにいく

 

ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
ゲーム開発を手助けるメディア【ユニシャー】を運営しているさぎのみやの個人ブログです。自分の考えや役にたったことを書いております。自分の芯がある人が好きです。→Amazonほしいものリスト
ゲーム開発を手助けるメディア「Unishar-ユニシャー」
  • Unityを勉強したい
  • とりあえずUnityを使ってゲームを作りたい

このような悩みを解決してくれる、アクセス急上昇中のUnityメディア「Unishar-ユニシャー」

Unityでのゲーム開発に役立つことばかりです。

Unity専門メディア「Unishar-ユニシャー」→