大学生活

【大学一年生の終わり】表面的な友達関係を表面的な視点でしか見れなかったという反省

表面的

もう大学1年生の授業が終わろうとしています。

2018年の初めとかよりも大学1年生の1年間が終わる方がとても終わったと言う気分ですしかし、1つ気付いたことがあります。

大学2年生になっても同じ人がいるじゃないか?と言う人もいるかもしれませんが家が通っている大学は2年生から3つのコースに分かれ、1年生と同じメンバーで授業受けると言うことはなくなってしまいます。

なので寂しいと言うことであればいいんですが何故か、ここに穴が開いています普段だったら別に全部7のことに時間を使えると言って友達関係をそこまで大切にしていないのですが何故かこういう口だけで寂しくなります。

ですが、普段大切にしていないものがなくなると寂しいで見ていて、道はすべてそこまで大学で親しい友達を作っているわけではありません。

ある程度話すある程度遊ぶとか言う友達を作っておりますが止まったりすることがあります。

中学の時に比べて、学生生活で親密な関係になると言う事はあまりないの。また、先生の悪いところや友達の悪いところの話をすることをもうなくなります。

そんなことがどうしたとか思われかもしれませんが、意外にそういうことが大事です。同情やくだらないことで議論することは、想像以上に重要です。別に表面的な関係の友達と話さなくなることなんて寂しくないじゃん、と考えていたのですが意外にも寂しいことがわかりました。

統計やプログラミングの事や将来の事ばかり考えていた僕は何か大事な物に気がつかされたのかもしれないと考えています。

その考えたことを1つずつ早く話していきます。

どんなに表面的な関係でも、あるものがなくなるのが寂しいと言うだけ。

寂しいこと言いますがこれるかもしれませんね。

例えばいつも通学している道で犬に会うとしましょう。その犬が急になくなった。

どうしたのかな?と思うかもしれませんが、別に悲しくはありません。この考えは違うかもしれません。

このメンバーで笑えないのかと言うもう不安

単純に表面的な関係でさえ一緒にいると楽しいです。それが楽しかったりするのです。

一緒に議論したり、話したりすることが大事なのです。

その中の1人でも、離れるといったことが寂しいのかもしれません。

結局表面的な関係ではない

表面的な関係、表面的な関係だけと言っておりますが、表面的な関係というのはどんな関係なんでしょうか?

大学でしか話せない関係で、大学以外で遊ぶことがない関係と思っていたのですが、それを表面的な関係だと言えるのでしょうか。

外で遊んだりしなければ表面的な関係だよ?という人もいるかもしれませんが、実際表面的な関係なのでしょうか。

何を言ってるのかわからないかもしれませんが、大学でしか遊ばない親密な関係と言うものもあるような気がしてきました。

うちはよく大学では表面的な関係が多いのではないかと考えてきました。しかし、それは違う考えではないかと思ってきました。

ただ仲が良い

ただ仲が良い友達と言う事では無いでしょうか?

仲がいいといっても普段から遊ぶと言うわけではありません。でも大学でも仲が良いです。

しかしうちはいつも大学の友達は表面的な関係と言ってそこまで大事にしていませんでした。

しかし大学1年生の終わりを迎え迎えてそれはおかしかったのではないかと感じています。

その表面的な関係も少し仲の良い友達もとんでもなく重要だったのではないかと考えています。

表面的な関係にすらならないような関係があると言うことを完全に忘れていました。

実際にそのような人の事は1年生の終わりになっても特に何の感情も抱きませんし、何とも思いません。

だからこそ表面的な関係になった事を幸せに

仲の良い休日でも遊ぶ友達ばかりに目がいく、自分の趣味やスキル向上のために時間を使う、その2つの事ばかりに目がいきていました。

表面的な関係も正直バカにしているしていました。

だからこそもういや少しでも関係があり一緒に笑える一緒に話す一緒にたまたま会うなどでもいいですから関係を持った人をもっと大事にしようと思いました。

友達関係を甘く見た大学1年生だった

もし1年生に戻れるとしたらもっと友達を大事にしろと言ってきたでしょう。

大学出る表面的な友達を馬鹿にしていた理由としては、滑り止めで入った大学の人なんて…と言う偏見が少しありました。

しかし実態は全く違いました。

確かにずっと遊び呆けている人たちもいますし、無駄なことばっかりやってるなと思う人たちもいます。

しかし、自分の勉強をしてる人や、専門的な知識をつけようとしている人たちもいます。

正直ほんとに表面的な関係になれることの幸せさ、というものをしっかり大事にして行けたらこんな悲しい気持ちににはならなかったのかなと思います。

いくらブログやプログラミングの勉強も大事です。そっちもちゃんとやらなければいけない事というか自分勝手にやってくるんですけど。

表面的でも良い、ただ一緒に笑っている友達を大切にすることも忘れてはいけないということがわかりました。

ほんとありきたりなこと言って、恥ずかしい(*ノωノ)

先輩方の言葉の中には当てはまってることも多く、軽視できないということです

まとめ:表面的な関係を表面的にみてしまう視点が幼稚

  • 自分のことしかみていないで、周りの友達の大切さを忘れていた
  • 表面的な友達関係があることは幸せ
  • 表面的な関係を表面的な視点でみてはいけない

とりあえず大切なことが1つわかったんでいいと言うことにしましょうか。

トータルかと大学1年生で振り返ってと言う記事を書こうと思います。今完全に自己満ですけど将来振り返ったときにあーこんなことしたなと言う人生にしたいです。

あーこれが大学生に届いてほしいな。

ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
Unity専門メディアである【ユニシャー】→「https://unity-code.com」を運営している人です。大森靖子さんが大好きなので《超書手》と名乗っています。 →Polcaで応援Amazonほしいものリスト
ゲーム開発を手助けるメディア「Unishar-ユニシャー」
  • Unityを勉強したい
  • とりあえずUnityを使ってゲームを作りたい

このような悩みを解決してくれる、アクセス急上昇中のUnityメディア「Unishar-ユニシャー」

Unityでのゲーム開発に役立つことばかりです。

Unity専門メディア「Unishar-ユニシャー」→