大学受験

【高校2年生の親へ】受験生になる子供と絶対に相談すべき一つのこと

高校二年生

子どもの受験が心配

ということでこのサイトにだどりついていただいでしょう。

現在大学一年生であるうちが高校2年生のときに、親に伝えてほしかったことがあります。

多少厳しいこと言います。気分を害したらすみません。

 

  • 子供の受験の不安を少しでも解消
  • 親の受験に対する不満も解消
  • 子供の進路が大きく変わる

 

受験生になる子どもと相談してほしいこと

国公立か私立か相談すること

相談するときに大事なポイント

あなたの感情論は”なし”でお願いします。また子供の意見を尊重する相談方法となっています。

 

  • 私立の大学の学費は払えるのか(いくらまで大丈夫か)
  • 国公立でも私立でも問わないこと
  • 国公立の方が学費が安いとか気にしないでいいこと
  • 私立の学費を払っても両親はそこまで迷惑ではないこと
  • 奨学金はどうするのか
  • 浪人は可能なのか(なん浪までいいのか)
  • なんの心配もしなくていいこと

 

これ全て伝えると、子供の不安はなくなります。

相談するときの良い例

お母さんたちはあなたを私立の大学に通わせるほどの学費はあります。なので国公立の大学を目指しても私立の大学を目指してもどちらでもいいです。また〇浪(家庭による)までは大丈夫です。

さらに学費のことを気にして国公立を無理矢理目指すということはしないで構いませんし、学費のせいでお母さんたちは苦しむことはないです。

なのでなんの心配もせずに好きな大学を選んでください。

これをやると子供の負担がかなり減ります。

相談するときのダメな例

(私立の大学に行かせる学費があるのも関わらず)お母さん的には学費の安い国公立を目指してほしい。

この発言を聞くと子供は

 

  • 国公立を目指さないといけないのか
  • 国公立を目指さないと両親の生活は苦しくなるのか
  • 例え私立の大学に受かっても学費が払えないで、行くことはできないのか

 

などの不安を与えるようになります。本気で親として失格。大迷惑。

親思いの真面目な子ほど色々心配になる

親思いの子供ほど色々なことを気にしてしまう傾向があるのです。主にお金のことに関して。

勉強の心配と学費の心配を子供に与えるのかかわいそうですよね。

勉強の心配は取り除けないかもしれないけど、学費の心配ぐらいは取り除いてあげてください。かわいそうでしょ。

国公立か私立どっちでもいいという言葉は本気で重要

受験科目数が全く違います。

国公立の場合は基本センター試験5教科7科目受けて大学の二次試験というものがある。私立の大学の場合は大学の個別の試験(2、3教科ぐらい)がある

とにかく圧倒的に国公立の方が難しい。さらに対策の仕方も違う。

全教科多く勉強するより少ない科目を重点的に勉強した方が簡単です。

なので国公立か私立かの相談はしっかりしてください。

まとめ

まとめ

  • 受験生になる子供と相談すべきこと
  • 私立の大学の学費は払えるのか(いくらまで大丈夫か)
  • 国公立でも私立でも問わないこと
  • 国公立の方が学費が安いとか気にしないでいいこと
  • 私立の学費を払っても両親はそこまで迷惑ではないこと
  • 奨学金はどうするのか
  • 浪人は可能なのか(なん浪までいいのか)
  • なんの心配もしなくていいこと

さぎのみや(@gumimomoko)でした。今日もあなたの毒を抜かせていただきました。

ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
ゲーム開発を手助けるメディア【ユニシャー】を運営しているさぎのみやの個人ブログです。自分の考えや役にたったことを書いております。自分の芯がある人が好きです。→Amazonほしいものリスト
ゲーム開発を手助けるメディア「Unishar-ユニシャー」
  • Unityを勉強したい
  • とりあえずUnityを使ってゲームを作りたい

このような悩みを解決してくれる、アクセス急上昇中のUnityメディア「Unishar-ユニシャー」

Unityでのゲーム開発に役立つことばかりです。

Unity専門メディア「Unishar-ユニシャー」→